top of page

寒川義雄 箱と碗


寒川義雄 「箱と碗」


2022年8月6日(土) - 21日(日)

12:00-18:00 木曜休 在廊 6-7


寒川義雄の薪窯の仕事を中心とした展覧会を開催致します。


山口の城下町で10代の頃から古い物に触れてきた寒川義雄は

小石原の窯元での修行を経て、鯉江良二氏の元へと弟子入り、

その後はとある古道具店に10年以上も通いながら

雑器の中にある美しさを店主を通して学んだといいます。

 

今展では本人たっての希望により、そこから生まれた「碗」を約100点、

私からは以前より記憶に残っていた簡素な「箱」を大小沢山お願いし、

二つに分けた空間でそれぞれの展示をお楽しみ頂きます。

食に捧げられた碗と見えないものに捧げられた箱。

形ある物も無い物も、日々の器にも容れ物にも、

自由に見立てて頂けましたら喜び甚だです。

kankakariの箱の中に寒川義雄の箱と碗が並ぶ光景を是非ご覧下さい。


kankakari

京都市北区紫野下築山町15

070-1871-1010


Commentaires


bottom of page